二重の整形術「瞼板上端固定法」について

二重の整形術「瞼板上端固定法」とは

瞼板固定法とは

二重の整形手術の方法として、まぶたにメスを入れる切開法とメスを使用せず、糸で留める埋没法がありますが、メスを使わない埋没法は、プチ整形とも呼ばれていて、腫れが引くのも早く、安全で手軽に出来るうえ、二重の幅や形が気に入らない場合には後でやり直しがきくことなどが口コミでも人気となっている要因で、現在の二重手術では、この埋没法が主流となっています。

この埋没法には、大きく分けて、瞼板固定法、挙筋固定法、瞼板上端固定法の3つの方法がありますが、従来から行われているもっともポピュラーな瞼板固定法は、瞼板という硬い板状の組織に固定糸をかけるという方法で、腫れが少ないため、多くの美容外科で用いられている二重手術ですが、まぶたの裏側に糸を通すため、結膜側に糸が露出してしまうことで角膜を傷つけてしまうリスクがあります。

挙筋固定法は

また、挙筋固定法は、瞼板に固定する方法ではなく、眼瞼挙筋に固定糸をかけるという方法で二重のラインをくっきりと出す施術ですが、結膜下に糸を埋入するため、直接的に角膜への影響は少ないものの術後に強い腫れが出たり、一時的な眼瞼下垂を引き起こすことがあります。

その点、瞼板上端固定法は、瞼板固定法、挙筋固定法の中間に位置する新しい手術法として、双方の良い所を併せ持つ施術と言え、この瞼板上端固定法では、瞼板側には全く糸を出さないというやり方のため、瞼板固定法のように結膜側に糸が露出することもなく、糸を完全にまぶたの中に埋没させる方法なので、角膜を傷つける恐れがないうえ、硬い瞼板にしっかりと糸を引っ掛けるので、しっかりと固定されるという画期的な施術方法です。

また、この施術では、挙筋固定法のようなくっきりとした自然な二重のラインが作成できることに加えて、埋没法の弱点でもあった元に戻り易いということもなく、稀に見られていた眼瞼下垂なども回避することができる安全な施術といえます。

そして、瞼板上端固定法では、術後の二重のラインが気にいらない場合には、修正や変更が可能で、手術後、元に戻したり、二重のラインを修正することができますが、さらに、加齢と共に、目尻が狭くなったような場合でも、この施術でメスを使わずにタルミを目立たなくすることも可能です。

このような瞼板上端固定法のダウンタイムは一週間程度ですが、ダウンタイム期間に痛みがある場合、アイスパックや冷えたタオルなどで冷やすことで痛みが治まることも多く、また、施術したクリニックでは、痛み止めとして鎮痛剤を処方するので、個人差はあるものの痛みがある場合には鎮痛剤を飲むことで痛みを和らげることができます。

麻酔は

また、手術を行う前には、麻酔効果がある点眼薬を使用し、部分的に麻酔を行うので、手術中の痛みは心配ありません。

そして、麻酔は、点眼麻酔と局所麻酔を併用することが多いのですが、さらに、静脈麻酔も適応されていて、この静脈麻酔は、通常の麻酔ではないので別途費用がかるものの局所麻酔とは異なり、痛みがないだけでなく、不安感がない状態での施術が可能なため、手術が苦手な人にはおススメです。

さらに、この施術では、手術時間の目安として、約10分程度で終了する場合が多く、通院は不要で、手術当日でも、目元以外のメイクやシャワーを浴びることも可能ですが、洗顔や入浴、目元のメイクなどは手術した翌日から可能で、さらに、コンタクトは、3日後から装着ができるようになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る