二重整形の技術進歩

二重整形の技術進歩について

プチ整形として埋没法の施術

まぶたの二重整形の美容整形外科の施術方法としては、切開法がありますが、切開法と比較したときに腫れない特徴のあるものに埋没法があります。
従来まででは全切開法による施術が多く行われており、二重の線に沿う形でメスを入れて、切開を行う部分の筋や組織を切っていました。
皮膚の厚みや腫れぼったさが出ているときには、脂肪を取り除いてから縫合をして二重まぶたを形成します。
全切開法では抜歯を施術を受けたときから、1週間ほど経過してから行う必要があります。

現在では技術進歩が行われていますので、様々な美容整形外科においてプチ整形として埋没法の施術が受けられるようになっています。
埋没法ではまぶたにメスを入れることなく、二重まぶたにすることが可能で、まぶたの上に二重の線をデザインしてから、局所的に麻酔をして細い医療用の糸を使用してまぶたの裏を数か所縫合する方法となります。
まぶたを切ることなく行える施術で、糸の力によって二重まぶたを作り出す技術となりますので、切開法と比べたときには腫れない点や痛みが少ない点が違いと言えます。
埋没法であれば施術を行った当日中に洗顔することや、シャワーを浴びることが可能になります。
まぶたの裏を縫い合わせている方法ですので、理想的なまぶたにならなかったときであっても、作り直すことができます。
施術時間としては、治療を受けるクリニックによって違いがありますが、ほとんどのクリニックで30分以上かからない施術が行われていますので、気軽に受けやすい方法として人気があります。
二重整形の埋没法はメスを使用することなく、髪の毛よりも細い糸を埋め込む方法で、瞼板と皮膚との間や、筋肉とを結び付けて二重まぶたを形成します。
皮膚や瞼の厚さによって糸を留める数を調整することが可能で、糸を留める数を増やすことで安定した二重のラインにすることができます。

埋没法に向いている人

埋没法については、まぶたに皮膚や脂肪などがあまりない、まぶたが薄い人に向いている方法で、まぶたが厚い人の場合には糸への負担がかかりやすくて、糸が切れることや緩むことも考えられます。
埋没法の施術は、まぶたが薄いタイプの人や低料金で施術を受けたい人、傷跡を残したくないと考えている人、長期間にわたって仕事を休むことができないなどの、腫れないことや痛みを抑えたい人におすすめです。
まぶたが厚いタイプの人が埋没法の施術を受けるときには、まぶたに穴を開けて脂肪を吸い出す方法を併用して受けられるクリニックを選択することで、埋没法の施術を受けやすくすることができます。

埋没法・手術後に腫れないようにする技術が導入

埋没法の種類としてもそれぞれのクリニックによって行われている方法が異なっており、通常の埋没法であれば手術をした後に麻酔の影響が出てまぶたが腫れてしまうことが考えられ、それによって周囲の人に施術を受けたことが知られてしまうという問題が生じる場合もありました。
クリニックによっては技術が進歩しているために、麻酔を適量にすることで手術後に腫れないようにする技術が導入されています。
施術の際に使用する麻酔に、エンジェニードルの世界で最も細いと言われている針を使うことで、注射を行うときの痛みについても軽減させることが可能となり、内出血と腫れによるリスクの改善が行われています。
美容整形外科では専門の医師の判断によって、患者のまぶたや皮膚の厚さと、脂肪量を考慮することで、希望している二重まぶたを作ることができます。
埋没法と同時にヒアルロン酸を使用しているクリニックもあり、目の間と鼻筋を綺麗に仕上げることに繋げられます。
最新の施術方法が採用されているクリニックであっても、担当する医師の技量によって結果が大きく変わってきますので、理想的なまぶたに仕上げてもらうためにはどこのクリニックで施術を受けるのが良いか、しっかりと下調べをしておく必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る