驚異の美容整形『二重整形と理想の目』

驚異の美容整形。。『二重整形と理想の目』

二重まぶたと一重まぶたが存在するのはなぜ

基本的に、まぶたは外観上から見ると皮膚から皮下脂肪に入り、眼りん筋というものがあってその下に様々な目の組織が存在しています。
人間は日常的にまぶたを閉じたり開いたりすることができるのですが、このような行為をすることができるのは眼りん筋の奥に存在している眼瞼挙筋というまぶたの筋肉に当たる部分が動くからにほかなりません。
なぜまぶたが日常的にこのようにして動くのかというと、そうすることによって人間の眼球を保護することができるようになるからです。
外気には様々な有害な物質が含まれています。
ゴミが飛んでいることもありますし細菌が存在することもありますし、単純に空気の乾きによって眼球を炒めることもあります。
こうしたものから守るためにまぶたは日常的に運動を繰り返しているのです。
こうした動きに対応することが出来なくて眼球に異物が入ると、今度はその異物を外部に排出するために涙がでるようになっています。
このように、まぶたというのは人間の生活の中でもごく日常的な行動によって人間の生活や身体を守っているのです。

では、こうしたまぶたの構造で二重まぶたと一重まぶたが存在するのはなぜなのでしょうか。
大前提として、二重まぶたというのは筋肉によって形成されているものであるということを理解しておく必要があります。
上眼検挙筋という筋肉が存在、この筋肉はまぶたを開くために使うことになる筋肉なのですが、この筋肉の一部は眼球上の皮膚とつながっています。
この筋肉は内部で枝分かれをしていて、その枝分かれをしている筋肉がまぶたの動きに引っ張れることによって眼球の皮膚の上に溝ができるわけです。
これが二重まぶたになる要因で、つまりは生まれ持った筋肉の形成によってその違いが生じているのです。

一重まぶたと二重まぶたは、筋肉の行動によってその違いを説明することが出来ます。
上眼瞼挙筋という筋肉が内部で枝分かれすることによって生じるものであるため、一重まぶたの人はこの片方の筋肉が二重まぶたの人とは異なって上部の皮膚と繋がっていないことを意味します。
つまり、広い視点で見ると肉体的な構造が二重の人と一重の人では全く異なるわけです。
こうした観点から見ていくと、一重の人が無理に二重まぶたを作ることは構造的には不可能であるということがわかります。
何故かと言うと、二重まぶたにするためには眼球の近くを構成している筋肉そのものを変化させなくてはいけないからです。

埋没法という手段と切開法という手段

こうした構造の違いを把握しておくと、美容整形によって二重まぶたにする方法は限られていることがわかります。
人気のある手段として利用されているのは、埋没法という手段と切開法という手段です。
埋没法というのは簡易的な手術によって皮膚を埋没させることによって二重まぶたを作る方法です。
切開法というのは文字通りメスを利用して二重瞼を作る方法のことを意味します。
構造的に眼球近くの筋肉そのものを変えることは出来ないので、こうした手段で擬似的に二重まぶたを作らなくてはいけません。

<h3二重まぶたを維持するためのケアが必ず必要

実際に手術をして成功した後には、その二重まぶたを維持するためのケアが必ず必要です。
理想の目を実現するためには手術だけではなくその後の経過も慎重にならなくてはいけないことを知っておくことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る