二重プチ整形で魅力的な目に

二重プチ整形で魅力的な映える目に

二重まぶたにする方法

二重まぶたにしたいというニーズを持っている人は多く、美容整形外科などで行われている重瞼手術については、埋没法や部分切開法、全切開法など様々な方法があります。
いくつかある美容整形外科で行われている重瞼手術の中でも、プチ整形と言われている切開をしない手術として埋没法があります。
ひと口に埋没法といった場合であっても、プチ整形を受けるクリニックや患者のまぶたの状況によって行われる施術方法が異なってくることが考えられますので、事前にカウンセリングを受けておいて、自分のまぶたがどのような状態であるのかや、どんな施術方法が適しているのか診察してもらってから、受ける施術の方法を選択することが大切です。

切開法とは

切開法ではまぶたの皮膚が厚い人や腫れぼったい人にとって、向いている施術となります。
全切開法は二重の線に沿ってメスを入れて、切開した部分の余計な筋を切り、厚みや腫れている部分の脂肪を取り除いてから縫合して、二重まぶたを作ります。
抜歯については施術を行ってから1週間ほど経過してから行うことが多く、くっきりとしたまぶたを作ることが可能です。
脂肪を取り除く方法となることから、目元の厚みや腫れぼったさを解消させる効果があります。
料金としては埋没法と比較したときには、倍以上の費用がかかることとなり、メスを使用して切ってしまっていますので、元通りに戻すことは難しい施術の方法となります。

切開法とは

一方で、プチ整形に多く用いられている埋没法では、切開法と比べて大きな違いはメスを使用しないという点となります。
メスを使わずに髪の毛よりも細い種類の糸を埋め込む施術の方法で、皮膚とまぶたの内側の細長い組織である瞼板の部分、または筋肉を結びつけることによって二重まぶたを作ることができます。
まぶたの厚みや皮膚によって個人差が出ると言えますが、糸を留める数として1点留から6点留などを選択することが可能で、留める数を多くすればそれだけ安定した瞼のラインを形成させることができます。
施術にかかる時間はクリニックによって差があるものですが、短い施術時間で行えるところであれば10分ほどしか時間がかかりません。
丁寧に作業を行っているクリニックであれば、30分以上かかるところもあり、糸の留め方であったり、麻酔の方法、処理の方法によっても施術時間は変わってくることが考えられますので、事前に確認しておいたほうが良いでしょう。
メスを使用しないことから、安全性が高いことや傷が小さくて済むこと、内出血や腫れなどを小さく抑えることも可能となるために、ダウンタイムが短いメリットもあります。
低価格で受けられる施術で、費用と安全性において負担が小さい二重まぶたの施術方法と言えます。
埋没法では、まぶたの状態が気に入らないときには糸を取ることによって、幅を調整することや、元の状態に戻せるメリットがあります。
切開法であれば、一度メスを入れて切っていますので、元の状態に戻すことが難しいために、埋没法との大きな違いになります。
そのために切開法のほうがトラブルが多く起きていると言えるために、施術をクリニックで受けるときには、どのような方法が採用されているのか、慎重に選択する必要があります。

向いているのは

両者の施術方法は外観的な違いもあり、埋没法によるプチ整形では周囲に気付かれにくい程度で、ナチュラルな二重まぶたにしたいと考えている人に向いている施術方法と言えます。
埋没法の施術が向いている人は、まぶたに皮膚や脂肪による厚みや、皮膚の余っている部分があまりないまぶたが薄いタイプの人に適しています。
幅が狭い種類の自然なまぶたを望んでいる人や、傷跡を残したくない人、腫れや痛みを抑えたいと考えている人、低料金で施術を受けたいという人などに向いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る