二重瞼目元の整形

二重瞼/目元の整形

目元の整形は

「目を大きくしたい」「もっと印象的な目元にしたい」そうした願いを叶えるための一つの方法として、美容整形による二重瞼の形成があります。
人の第一印象は顔立ちで大きく左右されるものですし、さらに目の印象というのはその人の性格や個性などを判断する基準ともなるのではないでしょうか。
ぱっちりとして印象的な目は、活動的でポジティブな雰囲気に見せてくれるものです。
もちろん、切れ長の目も優しさを感じさせたり、ミステリアスな魅力はあるものですが、なりたい自分とかけ離れたイメージである場合、悩みの原因ともなるでしょう。

埋没法とは

美容整形によって二重瞼にする方法は複数あり、本来の目の形と、なりたい理想の形によって、どの方法が適しているかは変わってくるでしょう。
もっとも手軽で、短時間に目を大きくする方法としては、「埋没法」というものがあります。

埋没法は、メスを使用しない方法であり、施術時間も5~10分程度で終わるため、体にも負担がかかりません。
他の手術よりも費用も安く、自然な仕上がりになりやすいため、一番多くの人に利用されている方法でしょう。
ごく細い糸を使用し、瞼の裏から2箇所ほど縫いとめるだけ、といものであり、当日からシャワーを浴びることもできる安全な手術です。
シンプルな手術ですから、万が一仕上がりが希望と違った、という際には、すぐに元に戻すこともできます。
この方法のメリットは手軽さとリーズナブルさにあり、幅の広い二重を作ることにはあまり適していません。
しかし傷みもほとんどありませんし、やり直しがききやすいこともあり、初めて二重手術を受けるという方には、向いているかもしれません。

切開法とは

埋没法では、二重を作ることにはできますが、目の上の腫れぼったさは解消できません。
目の上の腫れぼったfさを治したいという場合には、切開法という手術が適しているでしょう。
切開法では、二重を作るラインにそって皮膚を切開し、余分な脂肪分を取り去ったあと、再び縫合するという手術を行います。
この方法の最大のメリットは、目の上の脂肪分を除去することにより、くっきりとした完全な二重を作ることができる点にあるでしょう。
埋没法では難しい幅の広い二重も、切開法であれば、綺麗に作ることができます。
また、もう一つのメリットとして、二重の効果が半永久的ということが挙げられます。
一度切開法を受ければ、その後一重に戻ることはなく、ずっとくっきりした二重を保つことができるのです。
よりパッチリとした目元になりたい方、埋没法を試したがすぐに戻ってしまったという方に、適している方法だといえるでしょう。

数センチとはいえ皮膚を切開しますから、1周間から2週間ほどは、患部に強い腫れがでるとされています。
しかし、通学や通勤などでダウンタイムを避けたいという場合には、片方ずつ瞼に処置をしていく、ということも可能です。
切開法では施術に30分程度の時間を要しますが、麻酔が行われるため痛みについてはほとんど無いといわれています。

部分切開法とは

また、二重ラインすべてを切開するのではなく、一部のみにメスを入れるという方法もあります。
これは部分切開といい、全切開法よりもダウンタイムが短いという利点がある方法です。
二重にする予定ラインのうち、1~2センチ程度を切開し、脂肪を取り除くというものであり、基本的には通常の切開法と同じ流れの施術となります。
しかし切開部分が小さいため、1週間程度で腫れがひき、普段と同じように生活できるようになります。

埋没法では物足りないが、全切開法ではダウンタイムが長すぎるという場合に、丁度良い方法です。

これらの方法はどれも安全性が高いとされており、多くの人がクリニックなどで利用しているといわれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る