二重整形の部分切開と全切開ってどう違うの?

二重整形には

二重整形にはいくつかの種類があります。

現在、人気となっているのは、まぶたの一箇所から数カ所を糸でとめていく埋没法です。

プチ整形とも呼ばれる施術で、値段が手頃なだけでなく、施術時間も短時間で良い事で人気です。

ただ、埋没法の場合、糸がほどけてしまうと、元のまぶたに戻ってしまう事になります。

元の状態に戻るまでの期間は、医者の技術によっても大きく変わり、数ヶ月で戻ってしまったという人もいれば、数年経過しても良い状態が続いているという人もいます。

ですから、長持ちする可能性もありますが、この施術は、半永久的に効果が続く施術ではないという事を意識した上で受ける事が大切となっています。

切開法

それに対して、効果が半永久的に続く施術が切開法です。

埋没法の場合、糸でとめるだけなので、施術の際にメスは使いませんが、切開法の場合、メスでまぶたの上を切り開いていく事になります。

そして、その部分から、まぶたの中にある脂肪を取り除いていきます。

埋没法はまぶたを二重にする事は出来ても、脂肪を取り除かない為、まぶたの上の脂肪が多い人は重い感じの仕上がりになる事があります。

それに対して、切開法は、不要な脂肪を取り除く事で、すっきりとした綺麗な二重に仕上げていく事が出来ます。

部分切開と全切開

そんな切開法には、部分切開と全切開があります。

部分切開はまぶたの上を1cmから2cm程度切り開き、そこから脂肪を取り除いていく方法です。

それに対して全切開は3cmから4cm程度、切り開いていく事になります。

部分切開と全切開は、まぶたを切り開く大きさが異なるだけでなく、それにより取り除ける脂肪の量が変わってくる事になります。

脂肪は少しでも多く取り除いた方が良いと考える人は少なくありませんが、まぶたの上の脂肪の量は人によって異なります。

まぶたの上にとても多くの脂肪があり、腫れぼったい状態になっているのであれば、全切開を選び、しっかりと脂肪を取り除く方が、綺麗な目元に仕上がる事になります。

それに対して、まぶたの上に脂肪がついていても、少量という場合は、部分切開でもしっかりと取り除く事が可能で、全切開と同じように綺麗な目元を作っていく事が出来ます。

まぶたの脂肪の量を考えて

ですから、部分切開を選ぶか、全切開を選ぶかは、まぶたの脂肪の量を考えて選ぶようにする事が大切です。

全切開の方がより綺麗に仕上がるのではないかと考える人もいますが、まぶたの上の脂肪が少なければ、部分切開でもとても綺麗に仕上がります。

更に、切り開く大きさが小さければ、それだけ体への負担も小さくなり、施術後の腫れや痛みも少ない状態で済む事になります。

腫れがひどくなったり、腫れた状態が長く続くと、メイクもしにくい状態になります。

そして、それにより仕事復帰や日常生活への復帰に影響が出てしまう可能性もあります。

それを考えると、脂肪が多く、全切開をした方が良いという場合以外は、部分切開を選ぶ方が、まぶたへの負担が少ない状態で、綺麗な二重を手に入れる事が出来ます。

部分切開でも全切開でも、埋没法とは違い、その効果は半永久的に続く事になります。

ですから、いつまでも綺麗なまぶたを維持していく事が出来ます。

美容整形の中でも特に高い人気を誇るのが、まぶたを二重にする二重整形です。

糸でとめるだけの手軽な埋没法の登場により、その施術は一気に身近なものとなりましたが、より高い効果、そして半永久的な効果を期待するのであれば、切開法がお勧めです。

切開法には部分切開と全切開がありますが、これらは取り除ける脂肪の量に差が出る程度で、部分切開で問題がないのであれば、部分切開を選んでおく事で、まぶたに負担が少ない状態での施術が可能になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る