二重のプチ整形って具体的にはどんな手術をするの?

二重のプチ整形って具体的にはどんな手術をするの?

日本人は

日本人は比較的一重まぶたの人が多い人種で、半数以上が一重まぶただと言うデータもある程です。

その理由の一つがまぶたの皮膚の厚さ、まぶたの皮下脂肪などです。

二重の人の場合はまぶたを開ける為の筋肉が皮膚に直接働く事によって皮膚が折れ曲がり二重になりますが、分厚いまぶたになると直接その力が働かなくなるので、結果的に皮膚が折れ曲がりません。

その為、一重まぶたとなります。

ただ実際には二重瞼の人も存在しており、一重の人にとってはそういった目にあこがれを抱いている場合も少なくありません。

一重を二重にする方法としては、アイプチやテープを貼る方法もありますが、これらの場合は毎日行う必要がある為に本人の負担が大きくなってしまう事もあります。

もっと手軽に、そしてある程度永久にその効果を実感したいと思っている人の場合は、整形と言う方法を選ぶ事になります。

ただ整形と言っても切開する方法等はどうしても本格的となる為、なかなかその手術を受けにくいと感じている人もいるのが実情です。

そんな時に出てきたのが気軽に受ける事が出来るプチ整形です。

これによって整形に対するハードル等もかなり低くなったと言っても過言ではありません。

プチ整形

プチ整形で行う場合は、切開をする方法では無く糸で留める方法を選びます。

これを埋没法と呼び、何か所留めるかと言うのはそのクリニックによっても変わって来ます。

使う糸はナイロン製の物となっており、その糸はとても細いので実際に手術後の腫れが引いてしまえば糸が目立ってしまうと言う事もありません。

現在行われている二重まぶたの埋没法に関しては、瞼板法と挙筋法の2種類が行われています。

挙筋法の場合は手術を行った後のまぶたの腫れがどうしても多くなってしまう事が有ります。

また人によってはどうしても目に異物感が残ってしまう事、さらに留めている糸が取れやすくて元に戻りやすい事等も有る為、瞼板法をあえて選ぶと言う病院も珍しくありません。

瞼板法の方が挙筋法に比べると腫れも少なく、目の状態も将来的にも安定しているという事が期待出来ます。

埋没法で

こうして行われる埋没法ですが、実際の手術としてはすぐに病院に行ったら手術となるのではなく、まずは丁寧にカウンセリングを行うのが一般的です。

ここでは目の悩み、さらに希望する二重の幅等を相談しながらどのような目にするかと言う事を決めます。

またこの時点で手術の流れ等についての説明も有るので、質問するのにもちょうど良いタイミングだと言う事が出来ます。

実際に手術となった時は、まずは麻酔クリームを塗ります。

麻酔クリームを塗る事によって注射の針を刺す痛み等も感じにくくなります。

次に局部麻酔をし、麻酔が掛かったと言う事を確認できたら手術と言う流れです。

手術には専用の糸を使い、瞼の裏側から塗ってまぶたを固定します。

その後は良く冷やし、術後の腫れを最小限にすると言う流れになっています。

カウンセリングの時に

この様になっているのですが、細かなところはクリニックによっても違ってくるので、まずはカウンセリングの時に質問をしておく必要があります。

また術後は比較的腫れにくくなっているので、メイクも数日過ぎれ場可能となりますが、人によってはその状態が違う場合もあるので注意しなければいけません。

またアフターケアも重要となり、痛み等がある場合は実際に手術を受けてからもう1回クリニックに行って傷の様子等を見てもらう事になります。

そこで大丈夫だと言う風に判断されれば終了と言う事になります。

この手術の場合は糸を使って縫合する事にはなりますが、抜糸をするわけではないので術後に病院に通わなくても大丈夫な場合も多々あります。

また使う糸は勿論溶けるタイプではないので、溶けたらから再び手術と言う事もありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る