二重メイクを毎日ムリしてがんばるより、整形したほうがいい人はこんな人

切開法での二重整形は失敗しても元に戻せる?修正はできる?

「二重整形」

美容外科では色々な美容整形が行われています。

その中でも特に人気なのが、「二重整形」です。

目はその人の印象を左右してしまう程、顔の中でも重要なパーツと言われています。

今は二重まぶたで目が大きい顔が、美人の条件と言われているので一重まぶたや奥二重の場合、自分の目に対してコンプレックスを感じてしまいがちです。

毎日アイテープやのりを使って、メイクで二重まぶたを作っている方も多いでしょう。

ただ、メイクで二重まぶたを毎日作り続けるのは面倒ですし、洗顔してしまったら元の状態に戻ってしまいます。

また、アイテープやのりに含まれる成分によって、かぶたがカブレるなど肌トラブルを起こしてしまうケースも少なくありません。

このように、二重メイクで肌トラブルを起こしてしまうという方は、思い切って二重整形で二重まぶたを作ってみてはいかがでしょう。

カブレなど肌トラブルが頻繁に起こると、今度は色素沈着を起こしてしまう可能性があります。

色素沈着は、なかなか薄くならないので出来るだけ、予防する事が大切です。

美容整形で二重まぶたを作れば、アイテープなどで作る必要も無くなり結果、肌トラブルも予防できます。

まぶたのたるみも

この他に、まぶたのたるみが気になる方も、美容整形で二重まぶたにした方が良いでしょう。

アイテープやのりを取る際、まぶたの皮膚が伸びてしまったり、擦ってしまいがちです。

このような刺激を毎日まぶたに加えていると、皮膚内部のコラーゲンが損傷したるみを生じてしまいます。

特に目の周りの皮膚は薄く元々、たるみやすいのが特徴です。

まぶたに負担のかかるメイクを毎日行っていると20代という若さでも、まぶたがたるんでしまう可能性があります。

たるみも色素沈着同様、1度起こってしまうと改善が難しい肌トラブルです。

美容整形を受ける事によって、まぶたのたるみも予防できます。

コンプレックスも

他には、目元に対して強いコンプレックスを感じているという方も、二重整形で悩みを解消してみる方が良いかもしれません。

自分の顔にコンプレックスがあると、自分自身に自信が持てなくなってしまう傾向があります。

特に恋愛面では、消極的になってしまいがちです。

二重整形を受けるだけで、自信が生まれるなら美容整形を受ける事に対して、後ろめたさを感じる必要はありません。

この他に、施術がおすすめという方は、目元の老化が気になるという方です。

年齢を重ねると、どうしてもまぶたの皮膚がたるんでしまいます。

まぶたがたるむと元々、二重まぶただったという方でも奥二重になってしまうケースも少なくありません。

老化によって何となく目元に元気や若々しさを感じないという場合、美容整形でクッキリとした二重ラインを作る事によって、アンチエイジング効果も期待できます。

このように、二重まぶたを作る美容整形は若い方はもちろん、年齢を重ねた方の悩みやコンプレックスも解消してくれる、美容整形なのです。

二重整形には2つの種類

二重整形には大きく分けて、2つの種類があります。

メスを使わないプチ整形の埋没法と、メスを使う切開法です。

埋没法はまぶたの皮膚を糸で固定し、二重のラインを形成します。

切開法はまぶたの皮膚をメスで切開・縫合してラインを作るのが特徴です。

どちらの方法が良いのかは、まぶたの状態やなりたい二重ラインのデザイン、費用などを考慮する必要があります。

埋没法はメスを使わないので、比較的施術にも抵抗を感じませんが、まぶたの脂肪が厚い場合は時間の経過で二重ラインが取れてしまう傾向が高いので注意しましょう。

まぶたの脂肪が多いという場合は、脂肪を除去しつつ二重ラインを作れる切開法が向いています。

施術を受ける際は医師としっかり相談し、自分に合った方法を選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る