二重整形がバレたときのオススメの言い訳はこれだ!〜実用からオモシロネタまで〜

二重整形がバレたときのオススメの言い訳はこれだ!〜実用からオモシロネタまで〜

整形したことがバレてしまう?!

最近は整形の技術も進み、以前に比べて整形をしたことがばれるリスクというのは非常に少なくなっています。

特に、二重整形は埋没法から切開法まで様々施術があり、それぞれのニーズに合わせて施術を行っていくこととやはり目立つ部位の施術であるため、勘が鋭い人や久々に会う知人によっては整形したことがバレてしまうことも考えられます。

そういう意味では、二重整形を施すのはバレた時のリスクが高いと言えますが、目が小さいことがコンプレックスだからこそ施術を受けたい人や毎回アイプチや二重テープで二重にしていくのはまぶたにも負担がかかるのであまり好ましくないことだといえるでしょう。

言い訳は

そこで、二重整形をしていることが周囲やパートナーにバレた時に、どういった言い訳をすれば逃げ切れるのかうまくごまかしていけるのか考えてみましょう。

まず、病気を言い訳に逃れる方法です。

同窓会などで昔の同級生にあったりすると、整形前の顔を覚えている人は遠慮なく「整形した?」と聞いてくることもあるかもしれません。

その時に、少し大げさかもしれませんが悲しい顔で「目の病気になったから手術をしたんだ」といってみましょう。

細かい病気の内容などは別として、病気と言われたら「本当は整形したんでしょう?」と否定してまでとやかく言う人は普通はいないでしょうし返って同情されることもあるかもしれません。

心配な場合には、実際の目の病気について手術をしなければならないような目の病気があるのか調べておくとなお良いでしょう。

特定の病気が見つからないようでしたら、逆さまつ毛の手術をしたと言う言い訳がおすすめです。

逆さまつ毛の手術はほぼ二重整形と変わりませんし、他人から逆さまつ毛かどうか判断するのは難しいので病気の例としては適していると思われます。

言い訳 2

次に、別の手術をしたと言うことです。

二重整形も術後はしばらく腫れるものですがアートメイクなどのまぶたぎりぎりのアイラインにタトゥーを入れる施術は意外にもまぶたが非常に腫れぼったくなるようです。

二重整形だと引いてしまう人もいるかもしれませんが、アイラインのタトゥーなら、すっぴんでも目の印象が変わりますし「メイクの手間を省きたいのかな」程度にしか思われてむしろ自分もやりたいとうらやましがられるかもしれません。

また、かなり仲が良くないかあるいは遠慮がない人でない限り、直接整形したことを聞いてくる人がいないかもしれませんが、「雰囲気が変わったよね」と変化球で行ってくる人もいるはずです。

その場合には、「髪型を変えたからかな」ととぼけてみるのも良いでしょう。

分け目を変えてみたり、前髪をぱっつんにするだけでもかなり顔の雰囲気というのは変わります。

ただし、これは本当に髪形を変えなければ通らない理屈ですので、髪形を変えたくない人は違う言い訳の方が良いかもしれません。

言い訳 3

最後に、これはいいわけとは違うかもしれませんが誰かにバレる前に自分から言ってしまうというのも一つの手段といえます。

日本ではあまりポピュラーではない美容整形ですが、最近では需要も増えてきたので徐々に当たり前になる風潮になってきているのが現状です。

整形をすれば自分のコンプレックスを解消でき快適な生活を送れるようになるのであるのですから、整形は決し隠したりするようなことではなくポジティブな行動ともいえます。

隠してしまえば人は疑いたくなりますから、しらないところで色々な噂を流されるよりは、あらかじめ自分からバラしてあえて正直になることでバレる心配はなくなります。

むしろ、裏表がなくて良いなと好印象を受けることもあるかもしれません。

しかし、個人によっては整形が許せないという男性もいますので正直にバラしてしまう場合には相手がどういう人は見極めた上で言うようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る