腫れない二重整形の秘密は糸の細さ

腫れない二重整形の秘密は糸の細さ

プチ整形とは

大きくてキレイな二重まぶたは魅力的です。

美容クリニックなどで二重整形を受ければ理想の二重まぶたを作ることができますが、メスを使う手術を受けると腫れが治まらなかったり、失敗したときのリスクが高いので不安があるという方も多いのではないでしょうか。

最近、プチ整形と呼ばれている整形手術の人気が高まっています。

プチ整形は、メスを使わず比較的安い料金で気軽に受けることができる整形手術です。

人気が高い二重整形にもこのプチ整形があります。

埋没法は、メスを使用せず、二重のひだを作り、糸で留めるだけという簡単な二重まぶたの手術です。

メスを使用しないのでリスクは低く、仕上がりに納得がいかないときは糸を外してやり直しを行うことも可能です。

切開をしてしまうと仕上がりに納得がいかないときはやり直しを行うことが難しい場合も多いのですが、埋没法は理想のまぶたをを作るためにやり直しができるので、安心して手術を受けることができます。

埋没法の施術時間は10分程度と短く、手術後のダウンタイムも短いので、仕事があるので長く休みをとることができないという方も気軽に手術を受けることができます。

二重まぶたの手術は、以前から美容整形の中でも人気が高い手術です。

その中でも埋没法は気軽に受けることができ、手術料金もメスを使用する切開術などと比べると比較的手頃な料金で受けることができるので人気が高まっています。

埋没法を受けるときの注意

この埋没法を受けるときに注意しなければいけないのは、埋没法の効果は半永久的ではないということを理解しておかなければいけないということです。

埋没法は糸が外れてしまうと元のまぶたに戻ってしまうので、効果は半永久的ではなく、持続期間には個人差があります。

一般的な効果の持続期間は、2年から4年ほどと言われていますが、それ以上長く効果が持続し10年以上効果が持続しているという方もいます。

もともと腫れぼったい目の人は外れやすいと言われているので、効果が持続する期間が短くなることが多いと言われているので注意が必要です。

腫れない手術を受けたいという方は

手術を受けた後にすぐに仕事や家事に戻りたいので、できるだけ腫れない手術を受けたいという方は、二重整形の経験が豊富で技術力が高い医師を選び、手術を受けることが重要です。

経験と技術がある医師に手術をしてもらうと、手術後の腫れが少ないので、すぐに日常生活に戻ることができます。

ホームページなどで医師の症例数や口コミなどを確認して技術力が高い医師を選びましょう。

また、二重のひだを作る糸が細ければ細いほど腫れが少ないと言われています。

最近は、極細のものを使用しているクリニックも少なくはありません。

また、極細のものを使用すると、結び目も小さくなるので、手術痕が目立たなくなるというメリットもあります。

糸をかける針も細い針を使用することで痛みや腫れを抑えることができます。

どのようなものを使用して手術を行うのかということにも注目をして、腫れない手術を受けることができるクリニックを選ぶことも重要です。

腫れが続く期間

手術後に腫れが続く期間には個人差があり、また、手術法によっても腫れが続く期間は異なります。

腫れない方法で手術を受けると、目立つ腫れは3日から4日ほどでひくことが多いです。

むくみが起こりやすい人は腫れが長く続くことが多いと言われており、長くなると落ちつくまでに3週間ほど腫れが続くことがあります。

腫れだけでなく、内出血が起こる場合もあります。

なるべく腫れが早く治まるようにするためには、安静をとるということが重要です。

また、適度にまぶたを冷やしたり、入浴やアルコールなどで体を温め過ぎないようにするということも腫れを早く治めるために重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る