腫れない二重整形の治療方法とは

腫れない二重整形の治療方法

重要なのは顔全体のバランス

一重まぶたは、目が細く見えたり、眠そう、暗そうなどといったマイナスな印象を与えてしまうことがあり、コンプレックスになっているという人も多々います。
しかし、一重まぶたは二重まぶたにはない清楚な印象やクールな印象になります。

重要なのは顔全体のバランスです。
二重整形を行なって二重まぶたにすれば一重まぶたよりも必ず美しくなるとは限らないとされており、一重でも十分に自分に合った髪型やメイクを工夫することで顔の印象は大きく変わることを理解することが大切です。

二重整形

それでも二重まぶたになりたい、という場合には二重整形がおすすめです。
二重まぶたの整形手術をしようとするとまぶたが腫れてしまうため時間がかかると躊躇している人でも施術することのできる腫れない手術の治療方法が近年では確立されています。

正しくいえば腫れの少ない手術方法で、術後3日間程度だけ強い腫れが現れる手術になります。

いわゆるプチ整形といわれる方法で「埋没法」という方法です。
埋没法はメスを使用せずに、まぶたの裏側に数カ所糸で止めることによって二重を作り出します。
まぶたに糖押す糸の数によって1点留め法、2点留め法、4点留め法などがあり、皮膚やまぶたの脂肪量にもよって異なりますが、糸の本数が多いほど安定したラインを整形することができる治療方法です。

脂肪量が多い場合には、まぶたの脂肪を取り除く脱脂手術を同時に行うケースもあります。

二重まぶたを作りたいけれど切開をしたくない場合や自然な仕上がりのラインを整形したという人向けです。

また、簡単に行うことができる、傷跡が残らず自然なラインを形成することができるというメリットのほか、周囲の人に気づかれる心配が少ない、料金も切開するほかの方法と比べても比較的リーズナブルであるということもメリットとしてあげられます。

メスは使用していなくても肌に刺激を与える手術のため3日間ほどの腫れることがあり、週末に行えば翌週からメイクをすることができるとされています。

デメリットやリスクも

メリットがさまざまある埋没法ですが、デメリットやリスクもあるためプチ整形という言葉に惑わされずにきちんとそれらを理解してから施術を受けることが大切です。

リスクとしてあげられるのは、糸が結膜側や表面側に出てきてしまったり、ぼこっとした糸が皮膚の上にある、糸がとれてしまったり元の状態に戻ってしまうことなどがあげられます。
これらが現れた場合にはラインが癒着してしまうために修正手術が必要となります。
修正手術は切開をして抜糸することになります。
術後数カ月程度であれば糸を見つけることは可能ですが、年月経過してしまうと糸が見つけにくくなるため探すのが困難になり修正手術後に必要以上に腫れてしまうことも考えられます。

また、デメリットとしては埋没法では二重まぶたのラインを綺麗に形成するには限界があるということです。
目尻ラインが取れてしまったり、酷い場合には二重整形をしたのがバレてしまう状態になります。
笑った際に目尻側のラインが完全になくなってしまうケースも多いとされています。

埋没法はドクターの技術などにもよりますが、数年後には高い確率で二重まぶたは消失してしまうとされています。
二重まぶたのラインを数年間維持できたとしても、二重の幅が徐々に狭くなったり、埋没させた糸が皮膚の下から透けて見えることもあります。

施術前には念入りに情報収集を

簡単な施術とはいえ、ドクターの技術は大きく関わってくる手術になります。
施術前には念入りに情報収集を行うことが必要になります。

メリットだけではなくデメリットやリスクなども考えて、良心的なクリニックを選んで施術を受けることが重要となります。
名医を選びたいときには、技術の高い学会研究を行っている名医を選ぶと良いとされています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る