腫れない二重整形の技術

腫れない二重整形の技術

腫れない技術を持った医師

二重整形を行った場合、ダウンタイム時に腫れを生じる場合がありますが、この原因は主にまぶたのむくみによるものです。
二重整形には主に切開法といってメスを使用して二重のラインを作る施術方法と、埋没法といって糸を使用して二重のラインを作る方法があり、切開法は元に戻らないのが特徴です。
埋没法は、糸をはずすことで元の状態に戻すことができるのが特徴です。
メスを使用しないため、腫れが比較的少ない術式といえます。
施術前にどのくらい腫れるかは、個人差や医師の技術が大きく左右します。
また、術後のアフターケアも大切なポイントです。
埋没法では糸をゆるく結ぶことで腫れを少なくすることができるというわけではないので、注意することが大切です。
腫れない技術を持った医師は、糸の縛りの強さのコントロールや麻酔の量を見極め、まぶたの中で出血がおこならないようにする施術を行うことができます。

埋没法の糸の留め方

埋没法の糸の留め方にも技術が大きく左右されており、目の状態に合わせて留める箇所を決めていきます。
一般的には、一点留め、二点留め、三点留めがあります。
具体的な施術方法は、目の形とまぶたの状態を確認して希望の二重ラインに沿って縫合点をマークしていきます。
左右対称になっているか、どのような二重になることがえきるかを術前に自己チェックすることができます。
術前には目薬の眼麻酔と、局所麻酔を行います。
皮膚のたるみが少ない場合には、まぶたと皮膚の裏側にある瞼板というところで糸を留めていきます。
皮膚のたるみがある場合には、まぶたの皮膚と、まぶたの裏側にある挙筋とよばれているところで糸を留めていきます。
眼球が傷つく心配もありません。
基本的に、埋没法は治療時間は10分から15分程度と短いのがメリットです。
また、抜糸の必要もありません。

希望通りにならなかった場合

一度の施術で希望通りにならなかった場合には、二重まぶたの幅や形を変更することが可能です。
手術直後でも腫れないため、メイクをして帰宅することも可能です。
まぶたの皮膚があつい場合には、元に戻りやすい場合もあるため、自分にあった施術方法を提案してもらうことが大切です。
埋没法が適応でないとなった場合には、切開法によって美しい二重になる期待がもてます。

切開法は

切開法は自分の組織による癒着によってまぶたを引き上げられるようにする方法です。
皮膚を切開して余分な脂肪をとり、縫い合わせることでふだを作ります。
手術から5日から7日後に抜糸を行う方法です。
脂肪をとるため、皮膚のたるみがなくなり、シャープな印象をあたえることができます。
切開法は、メスを使用するため、腫れと内出血が1週間から2週間程度続く場合がありますが、元の状態に戻らないメリットがあります。
切開法はリスクが高いという方には、埋没法と脱脂法の組み合わせという方法もあります。
はれぼったいまぶたが原因で埋没法が行えない場合は、まず眼窩脂肪を摘出して腫れをなくして埋没法を行う方法です。
二重のラインにまぶたがかぶさるのを防ぐことができます。
また、眼窩脂肪を摘出して上まぶたの目頭から目尻までを切開し、直接二重のラインをつける全切開法という方法もあり、デザインの自由度が高いのが特徴です。
二重のラインが強く固定され、美しい状態を半永久的にキープできる期待が持てます。
クリニックによって施術に使用する糸は異なりますが、特殊ナイロンは切れにくい性質をもっており、はずれにくい特徴があります。
また、糸を複雑に掛け合わせて丈夫な結び目を作っているなど、糸がはずれるのを防いだり、糸が埋もれるのを防ぐ技術を活かして施術を行っているところがあります。
埋没法は、比較的リーズナブルな価格でまぶたが腫れない施術です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る