広島で二重の美容整形を受ける病院

広島で二重の美容整形を受ける病院

湘南美容外科クリニック広島院

広島県やその周辺地域において、二重まぶたの美容整形手術を受けたいと考えている人がいると思います。
二重まぶたの美容整形手術を受けることができるところに、湘南美容外科クリニック広島院があります。
湘南美容外科はアジアで最も多く二重まぶたの手術を行っているグループで、年間において1万8000人ほどの症例実績があります。
メスを使用して行う切開法と、糸をまぶたに埋め込む方法である埋没法という手術方法を受けることが可能で、近年ではメスを使用しない方法として、手軽に手術を受けられるために埋没法が人気となっています。
湘南美容外科で行われている切らない施術とは、埋没法のことを指しており、短時間で二重まぶたにすることができます。
専用の針を使用することで、髪の毛よりも細い糸による手術を行っており、しなやかな素材となることから切れる可能性が低い特徴があります。
ラインとなる皮膚とまぶたの内側を留める方法ですので、傷が目立つことがなく、抜糸もしなくても良いです。
切開法の手術も行っており、しっかりとした深いラインを半永久的に残せる方法となります。
埋没法の場合にはラインが薄くなってしまうことや、取れてしまう可能性がありますが、一生ラインを残したい人の場合には切開法がおすすめとなります。
切開法の手術では、腫れが2週間ほど続くことが考えられますので、事前に十分に話し合いをしてから手術を受ける時期を検討する必要があります。

聖心美容クリニック

広島県で施術を受けることができる美容整形外科として、聖心美容クリニックがあります。
聖心美容クリニックでは手軽に受けることが可能な手術が用意されており、腫れないことで他人に知られにくい仕上がりを追求しています。
聖心美容クリニックで行われているマイクロメソッド+αが行われており、患者ひとりひとりの要望に応えることができる経験と実績があります。
髪の毛よりも細い医療用の約0.05mmの極細糸を使用していて、弾力性のある糸のために埋没後の違和感をほとんど感じない特徴があります。
腫れや内出血が起きる確率を低くするために、マイクロサイズの両端針を使っており、その効果として針の穴が小さいために目立たないことや、ダウンタイムを短くすることができます。
ゲートコントロール理論やポンピング注入の技術を採用することで、最小限の注入でありながら高い効果を得ることができます。
患者の目に合わせて縫い幅の調節を行えますので、結び目の数によって患者個人ごとに一重に戻りにくい埋没法を実現しています。
聖心美容クリニックでは、切開法の手術も行っており、目の上の皮膚を除去することでラインをデザインすることができます。
はっきりとしたまぶたのラインを希望していて、戻りにくい手術を受けたい人向けの方法です。
皮膚にたるみがあるために、埋没法では思ったとおりのまぶたにならない人の場合には、全切開法を行うことで余計な皮膚を切除することが可能になるので、綺麗なまぶたのラインに仕上げることができます。
聖心美容クリニックでは、目の周りの脂肪や筋肉についても必要に応じて、処理するようにしていることから、目元の重みや腫れぼったさが気になっている人であっても改善させることが可能です。

東京美容外科広島福山院

広島県にある美容整形外科としては、東京美容外科広島福山院も選択できます。
東京美容外科では、メスを使わずに二重まぶたにすることが可能で、埋没法であれば糸を留めることで傷跡を残さずに施術が完了します。
施術にかかる時間は10分ほどで、翌日からはメイクを行うことが可能です。
まぶたの状態が気に入らないときには、後で元に戻すことや、まぶたのラインを変更することもできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る