二重整形の埋没法ならメスを使わない

二重整形の埋没法ならメスを使いません

美しさというのは

パッチリとした二重瞼は顔の表情を明るく華やかな印象にしてくれる効果があります。
メイクもしやすく目元を印象付けるのが簡単になるなど、二重瞼であることで様々なメリットがあります。
近年は美しさに対する感覚も画一的ではなく、いろいろな美しさが認められるようになったといわれます。
たしかトップモデルなどを見ても、時にはとても個性的で必ずしも誰もがお人形のようにパッチリとした目を持っているわけではありません。
スッキリとした一重瞼で東洋的な美しさをたたえる表情が魅力的な人もいれば、特徴的な目力の強い表情が評価されているという人もいます。

本来は美しさというのは人それぞれ違って当たり前なので、美しさを追求する側も、誰かと同じ顔にしてほしいという人は少ないものです。
こんな感じにしたいというイメージはあっても、一昔前の整形手術のように好みの女優や歌手などの顔写真を持参して、こんな風にして欲しいといった注文をする人は今ではまずいないことでしょう。

メスを使わない埋没法

でも、日本人はやはり二重瞼に対して憧れを抱く人は多く、美容整形手術の中でも二重瞼整形術というのは最も人気が高く利用する人が多い手術のひとつといわれています。
整形手術を受けるということに対して、まだ日本人はどこか後ろめたさを持っている人が多く、たとえ二重瞼の整形手術を受けるにしても、周囲の人にはあまり知られたくないという人は少なくありません。
現在は整形手術の方法も進化して、あきらかに不自然で見る人が見ればすぐに整形していることが判明してしまうような方法ばかりではなくなりました。

二重の手術の中でもメスを使わない埋没法という手術方法はプチ整形とも呼ばれ、気軽に短時間で受けることができる方法として高い人気があります。
埋没法というのはメスで瞼を切開することなく、皮膚の中に糸を数本埋め込むことによって瞼の皮膚と瞼板や筋肉などを結ぶという手術方法です。
皮膚を切開する手術方法とは異なり、瞼がひどく腫れてしまう心配も少なく、糸を通すための傷もごく小さいので時間がたつと共に目立たなくなり、周りの人に不自然な印象を与えない仕上がりも高い人気の理由のひとつです。
日帰りで短時間でできるという点も大きなメリットで、整形手術に対するハードルを低くすることに成功した手術方法だと言えます。

デメリットは

ただし、その人の瞼の状況によってはせっかく二重瞼にしたのに時間が経過するうちに元に戻ってしまうリスクが高いのがデメリットです。
手術後に二重のラインの癖が付ききらないうちに手術で埋め込んだ糸が緩んだりすることで、人によっては元に戻ってしまいやすくなるというものです。
また、手術の前にカウンセリングの段階で実際にどんな二重のラインにするかということを事前に細かに相談しやすく、出来上がりもある程度予想することが出来ます。
それでも、出来上がった二重のラインがどうしても自分が希望していたものとはイメージが違うといったことが起こったときには、切開法で行った手術の場合と異なり比較的簡単に修正ができることは大きなメリットと言えます。

例えば二重のラインが思ったよりも幅が広かった場合や、左右の幅が違ってアンバランスに見えるといったときにも修正手術をすることは可能です。
この場合修正手術には一度埋め込んだ糸を抜糸して新しい糸を使ってとめる方法と、抜糸はせずにそのうえから新しい糸を使ってとめる方法とがあります。
ただしその人の状態は個人個人で違ってくるので、状態によっては修正手術を受けられないということも考えられます。

あまりにも安易に考えすぎることは

埋没法は二重瞼を希望する人の夢をかなえやすくしてくれた手術法ですが、あまりにも安易に考えすぎることは、やはり考え物です。
これまでの方法に比べてリスクが少ないとは言え、腫れたり内出血したり、希望通りの仕上がりにならない可能性はあるのだということを理解した上で手術を受けることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る