埋没法による二重整形の費用について

埋没法による二重整形の費用

『プチ整形』

二重の埋没法は『プチ整形』とも呼ばれ、手軽で安全な方法として認識されています。

切開する必要がないため、若い方でも試してみたいという方が多いでしょう。

そして調べてみるとクリニックによって費用も安い物から高いものまで、さまざまであることを発見されるのではないでしょうか。

また、その際に埋没法にもさまざまな種類があるということにもお気づきになられたのではないでしょうか.

美容整形の手術はよく「高いものはよく、安いものは悪い」と言われますが、決してそのようなことはありません。

まず、医学技術の向上に伴って各クリニックが色々な手法の埋没法を開発している、という特色があります。

そうなると費用的にもバリエーションに富んでいて、一足飛びにこれがいい、と言えないのが実情です。

費用は

簡便な施術になると両目で¥10000未満のものから¥100000を超える高額なものまでありますが、一般的に行われる2点留めの埋没法では、両目で¥80000くらいが相場と考えてよさそうです。

クリニックではパンフレットやホームページの料金表で手術の費用を公開していますが、クリニックによってはこの施術費用のほかに麻酔料金などが別途必要になる場合もあるようなので確認が必要です。

戻りづらい施術方法

また、埋没法とは切開法と違い、個人差はあるものの何年か経てばもとに戻ってしまう、いわゆる『ある一定期間有効』な施術です。

ところが現在では、医療技術の向上と医師の工夫により、なかなかもとに戻りづらい施術方法が開発されています。

こういった特殊な施術方法はある程度高額になる傾向がみられます。

つまり、効果が長いものはその分高額になる、ということです。

その反対に同じような施術内容なのにもかかわらず、費用が驚くほど違うというケースにも遭遇することがあるでしょう。

二重手術は美容整形の施術のなかでもとても需要が高い施術です。

そのため、二重手術を行う病院が増えてきて自然と価格競争になる、という側面もあります。

『自由診療』

そもそも美容整形というのは、通常の病気やケガを治す治療とは異なり、『自由診療』です。

『自由診療』というのは受診者が全額支払う診療で、保険は効きません。

また、その費用も病院側が自由に決めることができるため、病院の方針や使っている機械の値段などによって変わってくるものなのです。

また、大々的にコマーシャルなど宣伝を行ったり、有名な医師が在籍しているところでは、料金的に高額になる傾向があります。

当然のことながら、同じような施術内容だとしたら少しでも安い方で施術してもらいたい、と思うのが人情ですね。

但し、その料金の高低だけでクリニックを選ぶのは少々危険だと言わざるを得ません。

たいていのクリニックは施術の前にカウンセリングを行い、そこで受診者の希望を聞いたり、病院側の提案を行ったりするのです。

例えば、自分の行ってほしい施術方法が決まっていたにしても、もともとのまぶたの状態ではその施術は行えないケースもありますし、行ったところですぐに元に戻ってしまう可能性もあります。

病院を選ぶ際にはその料金だけにこだわるのではなく、詳しい施術内容やアフターケアについても確認をする必要があります。

前述しましたが、あまりにも安価な場合は麻酔代は別、という例もあるようなので、この金額でどこまでフォローしてもらえるのか、それを確認しておく必要があるでしょう。

もちろん、高額だから心配ないというわけではありません。

結局のところ、自分の希望とクリニックの見解とが合致した施術を行う方が、術後のこんなはずじゃなかった、というトラブルを回避でき、最初は少々割高に思えても、後から見れば妥当だったといえるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る