腫れない二重整形と切らない二重整形と比較

腫れない二重整形と切らない二重整形とを比較

切らずに腫れを抑える

二重整形には従来の切る方法に加えて、切らずに腫れを抑えるもう一つの方法になります。

また、現在は切らない二重整形が主流なので、いかに腫れないように施術を行うかが肝心な要点といえます。

まぶたの膨らみを抑え込む二重整形は、切る必要が一切ありませんし、炎症や感染症といったリスクも減少します。

更には、傷をつけずに二重整形を行うので、結果的に腫れない施術を実現する事が出来ます。

切る二重整形や傷つける施術は、まぶたが腫れて表情が変わってしまいますし、明らかに不自然な表情に変わって施術がバレてしまいます。

一方、切らないばかりか腫れない埋没法であれば、まぶたや顔に傷が残る心配はなく、施術した事が発覚してしまう可能性も最小限になります。

腫れない施術の特徴は、手術時間が比較的短時間で済む事、そして万が一失敗してもやり直し出来る点が挙げられます。

元の状態に戻せるので、失敗を恐れて施術の決断が出来なかったり、施術を受けて後悔する事がなくなります。

ダウンタイムの短縮も実現するので、洗顔や化粧が制限される事はなくなり、直ぐに二重を得た新しい顔でお洒落が楽しめるようになります。

腫れない二重整形は、気軽に行えるアイプチとは大きく違い、水に弱い欠点であったり、不自然なまぶたに陥る事がありません。

アイプチはメイクの度に直したり、突然元に戻ってしまう危険性があるので、常にバレる可能性が隣り合わせになります。

使用する接着剤によっては、皮膚を傷めてしまったり、まぶたに違和感が残り続ける事もあります。
ドライアイに発展する可能性も存在するので、手軽でもリスクの高いアイプチよりは、腫れない施術を選択する事がおすすめになります。

切らない整形方法は、二重を希望するニーズの増加によって、医学的に進歩したり充実し始めています。

埋没法はメスを使わず、施術は10分から30分程度で済むスピードがメリットになります。

埋没法最大の利点

まぶたが薄いと従来の切開は難しいですが、埋没法なら人を選ぶ心配が少なく、好みの仕上がりをデザインする事も行えます。

自然な仕上がりを求めたり、直ぐに日常生活に戻りたい人にも最適で、埋没法なら10万円以下の料金で受ける事が出来ます。

埋没法最大の利点は、気に入らなければ元に戻す事が簡単で、やり直しも気軽に行える点にあります。

肝心なのは担当する医者の腕で、この点は最も重要なポイントになりますが、信頼出来る医者とクリニックを選べば解決出来る問題です。

失敗しても何度でもやり直し出来るからと、事前のカウンセリングや説明、アフターケア等が疎かになっては本末転倒です。

修正や再施術が可能な事は、あくまでも患者側のメリットと考えて、医者には患者に対する対応を十分に行う姿勢が求められます。

メスを使用する切開法は、くっきりとした二重で明らかに目元が変わり、時には不自然な仕上がりになる事もあります。

逆に、埋没法は自然な仕上がりを実現するので、ナチュラルな二重を希望する場合に適しています。

費用は切開法に比べると約半額で、両目でも10万円に収まる事が魅力的です。

クリニックを選ぶ際には

何といっても埋没法であれば、医療的な失敗や患者の不納得が発生しても、糸を取り除けばほぼ完全に元通りになります。

切開法では実現しない利点なので、安全性や発覚しない二重を求めるのであれば、埋没法が有効な選択肢になり得ます。

クリニックを選ぶ際には、分かりやすく丁寧な説明が行われたり、埋没法をベースとした独自の技術を持っている医療機関がヒントになります。

施術件数の実績が豊富で、患者の満足度が高く評価されているクリニックであれば、安心してまぶたの悩みを相談したり、理想的な二重を自らの顔に得る結果が安全に得られます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る