広島の美容外科でコッソリ二重まぶた整形

腫れない二重整形と切らない二重整形とを比較

憧れの二重まぶたが実現

関東や関西エリアで一人暮らしを始めている方の中には、広島県から上京している方も少なくないでしょう。

一重まぶたにコンプレックスを持っているなら、実家がある広島に帰ってコッソリと美容整形の手術を受けるという方法もあります。
学校や勤務先の長期休暇を利用すれば、友人や同僚に気付かれることなく美容整形手術を受けることができます。
年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みなどの長い休みを利用して、地元の広島にある美容外科に行ってみるといいでしょう。

広島県内には美容外科クリニックが点在しているので、診療メニューの種類や内容、クチコミでの評判などを比較しながら自分に合った美容外科を探すことをおすすめします。

一重まぶたは目が腫れぼったく見えてしまうだけでなく、印象まで暗くしてしまうことがあります。
美容外科に行って二重まぶたの手術を受ければ、憧れの二重まぶたが実現します。

二重まぶたの手術には、いくつかの種類が

美容外科クリニックが提供している二重まぶたの手術には、いくつかの種類があります。
二重まぶたを目指す方は全てが完全な一重まぶたではありません。
奥二重と呼ばれる二重のひだが内側に入り込んだ形をしている方もいますし、二重のひだがあってもまぶた全体が腫れぼったくて一重に見えてしまう方もいます。
また一重まぶたの中にも脂肪が少ないタイプと多いタイプに分かれます。
まぶたの形や脂肪の厚さにはさまざまなパターンがあるので、自分のまぶたに合った手術方法を選ぶことが大切です。

手術方法は大きく分けると埋没法と切開法になりますが、その中でもクリニックによって数パターンのメニューを展開しています。
それぞれの違いがよく分からないときは、クリニックが実施しているカウンセリングで説明を受け、納得したうえで申し込むといいでしょう。

埋没法

埋没法の場合はメスを使用しない美容整形手術になります。
そのため手術のダウンタイムが少ないですから、短期間の休みを利用して手術を受けたい方に適しています。
もちろん広島に帰省している間に術後の腫れや痛みを解消しておく必要があるので、簡単に受けられる手術を希望している方におすすめの方法です。
埋没法では専用の糸を使ってまぶたを縫い合わせるという方法になります。
一点留めから二点留め、三点留めといくつかのタイプが用意されており、留める箇所が多ければ多いほど自分が理想とする二重のラインを実現させることができます。
メスを使用せずに糸を使うだけの簡単の手術方法のため、受けた当日から顔を洗ったりお風呂に入るなどの日常生活を送ることができます。
手術にかかる時間は非常に短く、1時間も経たないうちに憧れの二重まぶたを手に入れることができるのです。
メスを入れて切開する方法では二重のラインに満足できなくても、簡単にやり直すことはできません。
しかし埋没法ならやり直しがきくという点も大きなメリットと言えるでしょう。
プチ整形という感覚で受けられますから、初めて整形する方でも気軽にチャレンジできるでしょう。

切開法

埋没法では満足できない方や腫れぼったい一重まぶたの方は、切開法が適しています。
元々のまぶたが腫れぼったいと埋没法で糸を留めてもくっきりとした二重のラインが作れない場合があります。
より自然な二重まぶたを目指す方は、切開して完全な二重を目指すことをおすすめします。
切開法を選択した場合はダウンタイムが多少長くなるため、ある程度長い期間を予定しておく必要があります。
縫うときに使用した糸を抜糸したり術後の経過を確認するために、少なくとも一ヶ月は美容外科がある広島県内にとどまっておいた方が安心です。
学生さんなら夏休みを利用できますが、働いている方は転職活動中を利用しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る