二重整形の埋没法の値段の違いは実際なにがどう違うの?

二重整形の埋没法の値段の違いは実際なにがどう違うの?

埋没法は10万円はしません

二重整形は美容整形の中でもっともポピュラーで最初に試してみたいものです。
目元の印象が変わると、明るく見られることが多いです。
目が生まれつき細いと、不機嫌そうにしている印象を抱かれるので、損することがあります。

二重整形は、一般的にはメスを使わない方法が主流です。
埋没法と言って、糸を瞼の裏に2点ないし3点で縫い合わせます。
メスを使わない整形方法からプチ整形と言われます。
値段も3万円くらいからあります。
値段の違いは都会などは美容整形クリニックが多いの流通しているところは安い傾向にあります。
田舎の地方は割高になります。
それでも、埋没法は10万円はしません。

目元の手術

目元の手術のテクニックは経験豊富な医師に手術してもらうのが理想です。
絶妙な二重の幅というものは長年の経験でわかるものなので、経験が浅いと納得いくものにならない可能性があります。
ホームページなどで医師の経歴などを見て、ベテランの医師に手術してもらうようにしましょう。
ベテランの方でも埋没法の価格に違いはそんなにありません。
地方と都会の値段の差はあります。

自分が鏡で目をしっかり見て、こうなりたいと思う二重のラインを医師に説明します。
並行の二重は外国人のようなはっきりとした顔立ちになります。
日本人の顔には末広の二重がよく似合います。
二重整形もばれにくいという特徴があります。

手術後の腫れ

二重は最初の1か月くらいは手術の後で腫れが少々あります。
時間と共に治まるので心配はありません。
直後は仕事がある人は休みを入れたほうがいいでしょう。
メガネなどでしばらくは対応してもいいでしょう。
腫れが収まると、メイクがいよいよできます。
目元がぱっちり明るくなると、化粧映えします。
今までアイメイクに自信がなかった人は、メイクがとても楽しくなるでしょう。

人の印象は目元

春はピンクの乙女らしいアイシャドウに茶色のアイラインを入れたら、優しい雰囲気の目元が仕上がります。
ビューラーでまつ毛をしっかり巻いてあげて、華やかさをプラスします。
まゆ毛も今風に整え、目元の印象が顔の印象を作るといってもいいくらい、人の印象は目元がほとんどです。

埋没法に見られるプチ整形は、個人差はありますが、人によって二重を一生キープできることもあります。
10年くらいで、二重の幅が狭くなったり、何かのきっかけで二重のラインが取れることもあります。
そういうときは再度、埋没法をすることができます。
目の皮膚が薄い人は、切開法など違う整形を試してみるのも一つです。

なりたい顔になると

なりたい顔になると、自分に自信が持てるので、人生が明るくなるでしょう。
前向きな考えになれるので、恋愛や試験や勉強や資格などあらゆる人生のイベントに積極的になれるでしょう。
自信というものは簡単には持てないのが人間です。
顔は生まれつきですが、考え方一つです。
少し、目元の印象が変われば明るくなれる自信があるのに、そう思っている人は思春期の子供に多いです。
人と顔を比べたり、コンプレックスなどを意識する年代です。
毎日気にするのであれば、思い切ってなりたいようになり、そこから明るい前向きな自分で何事も楽観的に人生を歩んでいくことが大事です。

メスを入れるという抵抗がない分、埋没法は気楽な気持ちで挑むことができます。
カウンセリングをして、納得がいけば手術をします。
時間もほとんどかからず、入院もないので、その気軽さが人気です。
顔の印象が明るくなると毎日を生きるのが楽しいですし積極的になれます。
アイプチなどという二重にするアイテムがありますが、これはのり状のものを瞼にくっつけるので、腫れることもありますし、毎日するのは時間的にも精神的にも苦労します。
半永久的に二重をキープしたいなら埋没法がおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る