目元の整形で美しい二重を

目元の整形で美しい二重に

半永久的に二重を維持できる二重整形手術

一重の人が美しい二重にあこがれるということは多いですが、のりやテープを使用した二重づくりではその場しか二重にならず、これらが外れると元に戻ってしまいます。
そのため、半永久的に二重を維持できる二重整形手術をクリニックや美容皮膚科で受けている人も多いです。
実際に手術を受けた人の口コミを見ると、セルフケアの方法とは全く異なり、ダウンタイムなどはあるものの、しっかりとした二重をキープできています。

二重整形の方法・埋没法

二重整形の方法は、大きく分けて埋没法、部分切開、全切開の3通りに分かれます。
埋没法というのは、瞼の裏から極細の糸を数本埋め込むことにより、ひだを作る方法です。
メスを使わないのでダウンタイムが短く、手術を終えたその日から入浴も可能です。
仕事などで常に人前に出る必要がある人、アイプチなどで癖がつきやすい人などは、こちらの方法で十分変化が期待できます。
糸を外せば元に戻すこともできますし、形の修正も簡単で、低価格で利用できるので人気のある方法です。

部分切開法

部分切開というのは、二重にする予定の線にそって1~2cm程度切開し、内部処理を行ってから縫い合わせるという手術です。
埋没毛と違って、糸が切れて元に戻るという心配もありませんし、全切開に比べて手術もダウンタイムも短時間で済み、半永久的に二重を維持することができます。
全切開では不安があるものの、埋没毛では十分な効果が得られなかったというときなどにお勧めの方法です。

全切開法

全切開は、ラインにそって瞼を切って余分な脂肪を排除して内部処理を行ったのち、縫い合わせる手術です。
ミニ切開よりも予定通りのラインをつけやすく、腫れぼったさも改善することができますので、瞼が厚くて悩んでいる人、ミニ切開でも思うような効果が得られなかった人などにおすすめです。
ほかの手術と比べるとダウンタイムはかなり長くなりますが、クリニックによっては片方ずつ手術を行って、眼帯で目を隠すことができるなどの便宜を図ってもらえます。
1~2週間程度でほとんどの腫れや内出血が改善しますが、完治までは3か月以上かかること、修正はある程度可能ですが、元に戻すことはできないことなどを念頭に置く必要があります。

目元の治療

目元の治療としては、目頭から上瞼にかけての皮膚を切開する目頭切開や、目じりの切開、上瞼の眼瞼挙筋を縫い縮めることで、瞼を開きやすくする眼瞼下垂治療などの手術があります。
メスを使わない治療としては、目元のたるみをリフトアップするサーマクールアイをはじめとする、上瞼や下瞼のたるみとりなども人気があります。
また、目の周りの脂肪が原因で目がぱっちりしないという場合には、瞼周辺をわずかに切開して周辺の脂肪を除去する手術なども行われます。

信頼できるクリニックで

これらの手術や治療は、利用者によって効果が十分に実感できるものもあれば、二重にならない原因がほかにあるために思うように変化が見られなかったというケースもあります。
そのため、まずは信頼できるクリニックで受診をして、自分の目元がどういった理由できれいな二重にならないのかを判断してもらい、それに見合った治療を選択してもらうのがおすすめです。
治療を受けるときには、選択肢が多いクリニックを選んだほうが、より自分にぴったりの治療方法を提案してもらえますし、万が一結果に満足できなかった時でも、違う方法で修正してもらえます。
これまでに数多くの症例を扱ってきたクリニックであれば、原因から最適な治療方法をすぐに導き出してもらえますし、場合に掘っては複数の治療を施すことで、よりくっきりとした二重にすることも可能です。
手術自体はいずれも数十分程度で終わるものばかりですので、興味がある人は相談してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る