目尻切開で優しい二重に整形

目尻切開で優しい二重に整形

目尻切開

目尻切開で優しい二重整形効果で、やってよかった口コミは多くあります。
メスを入れる傷は極力キレイに数rことで、ナチュラルな仕上がりの着たいのもてる目尻切開法での美容整形をする方法があります。
目尻を手術で切開することで、目元は切れ長の大きい目にすることになります。
こうして顔全体のバランスは、ちょうど良く整うことになります。
切開をした目尻から下まぶたの線は、とても緩やかになります。
そのため細く、きつい印象の目もとは、ソフトな印象に変えていける方法です。
上手な美容整形外科での手術だったら、特殊な縫合で傷跡は目立たないで、とても自然な仕上がりにすることも可能です。

目尻切開、埋没法や二重術などを一緒に組み合わせて

希望で目尻の切開法以外にも、埋没法や二重術などを一緒に組み合わせて手術を受けると、もっと魅力的な目元をつくりあげることができます。
ほかの方法に二重術とのコラボレーションによって、二重の線がよりつくりやすくなって、相乗効果でもっと大きな目元の印象にすることができます。
治療には細胞成長因子を使うことで、創傷治癒をより早めることができますし、皮膚のコラーゲンの増生を促すことにもなります。
特殊な縫合では皮下組織を縫合する特殊な方法によって、美しい仕上がりを実現します。
目尻の切開法によって理想的な目元を現実化するために、カウンセリングの時にバーチャルで、完成後のラインのシミュレーションができる美容クリニックもあります。
顔全体の仕上がりや、手術後の仕上がりなども、印象を手術をする前に確認をすることができますので、手術に対しても不安が少なくなります。

目尻の切開法以外にも、埋没法や二重術などを一緒に組み合わせて

ナチュラルな目尻切開法の目尻の切開法以外にも、埋没法や二重術などを一緒に組み合わせて、およそ20分から30分ほどです。
縫いあわせをするので、抜糸は1週間後くらいに行います。
手術後の通院としては、5日から7日後に抜糸をするので、そのために来院をすることになります。
手術後の目元に感じる強い腫れは、だいたい1週間程度です。
手術に関して、入院の必要性はありません。
メスを使う手術法になるので、麻酔は局所麻酔を使うことになります。
かるくチクリと痛みはありますが、手術が終わるまでは痛みはありません。
局所麻酔を使うことによって、不安になりがちな施術中に、痛みを感じることはないです。

注意点は

洗顔とメイク に関しては、目元のメイクに関しては術後の4日目からメイクも可能です。
入浴や洗顔に関しては、手術をしてから2日目より可能となります。
ですが目を濡らさないようにして、強い力で傷口をこすったりしないようにします。
シャワーは手術をした当日から可能です。
顔をシャワーで濡らさないようにして、温まりすぎないように注意をします。
コンタクトレンズの使用に関しては、抜糸後ですから5日から7日後より使うことができます。
激しいスポーツなどは、手術のあとの1ヶ月間は控えることです。
エステサロンでのフェイシャルマッサージなど、顔への強力なマッサージなどは、1ヶ月間は控える必要があります。
普段からコンタクトレンズを着用している場合、施術はコンタクトレンズを外してになるので、クリニックへ行くときにはメガネを用意しておきましょう。
手術をする日は、自動車の運転は控えることです。
まつげにエクステンションを装着している場合も、手術をすることはできますが、手術の時に取れる可能性はあります。

手術後は

手術を受けたあとの経過について、手術を受けた当日はテレビや本を長時間見ることなく、早めにゆっくりと休むようにしましょう。
病院では痛み止めの薬と化膿止めの薬を処方されますので、どちらも必ず飲むようにすることです。
もしも服用で異常を感じたら、飲むのをやめて病院へ連絡をしましょう。
目尻の切開手術のあとで、異変が起きたり不安な時には、病院に連絡をするか受診をすることです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る