腫れない二重整形って、翌日出勤可能?

腫れない二重整形って、翌日出勤可能なの?

腫れない二重整形

目の二重整形は可愛い目元になれるところが魅力ですがしばらくの間腫れますし、出勤すると腫れた目元を見せる事になり、整形してることがばれるのが嫌でやりたくてもやれないという方も多いものです。

しかし翌日腫れない二重整形があります。
二重瞼の整形には大きく分けて二種類あり、一つは切開法でもう一つは埋没法があります。
埋没法の方が腫れの少ない手術方法になるのです。

切開法は

切開法はメスを使って根本的に二重を作る方法であり一度すると二重をキープできるのが特徴で、結構目が腫れぼったい人でもできるというメリットがあります。
しかしメスを使った大掛かりな手術である分ダウンタイムがしばらく続くのが難点です。
人により違いがありますが数日間は目が腫れてしまいます。

ですので出金している方ばれないようにするのは至難の業です、転職や長期休暇の時にする方が多いのはこのような理由からです
それに対して埋没法は細い糸を使って二点三点ほど止めるだけで二重にする手術ですのでメスを使うことはありません。
人により個人差がありますので腫れることもありますがそれでも切開法のように何日も腫れることはありませんし大体次の日になれば問題なくいつも通りに出勤できます。

埋没法は

そして明らかに整形した事がばれにくいのも特徴です、価格も切開法に比べて安くなります。
ただ1つ難点と言えば元に戻る可能性があるという点です。
糸が切れてしまうこともありますので絶対に元に戻したくないなら切開法の方がいいでしょう。

しかし逆に言えば埋没法の場合は元の顔に戻したいと思えば簡単に戻せますし流行に合わせて顔を変えたい人には向いています。

あと長年埋没法による二重をキープしていれば糸が切れても二重がキープされていることが多いのです。

簡単に二重にしたいなら埋没法にしてみてください。

次の日から問題なくメイクもできます。
もしも不安のある方はアイメイクはせずにベースメイクだけをしましょう。
そして目元は手術をしたその日はごしごしとこすらないようにしてください。

今の時代二重整形はメイクと同じような感覚で行われています。
毎日アイプチをしていて面倒という方は思い切って埋没法でしたほうがいいでしょう。
アイプチは手術をしなくてもいいところがメリットですが毎日していますと接着剤で皮膚を悪くしてしまうこともありますし良くありません。
そして毎日メイクに時間がかかるのも良くありません。

埋没法による二重手術の時間は

ちなみに埋没法による二重手術の時間は大体20分くらいです。
事前に打ち合わせをしますのでどのような目にするのかは決めています。

麻酔をしますので糸を入れる作業は痛くはありません。

手術をした後は運動などはできませんが入院の必要もありませんし場合によっては仕事の休み時間に受けることもできます。

いきなり両方の目をするのが怖いという方は片方ずつしてもらうのがいいでしょう。

あと埋没法の手術によって腫れるか腫れないかは医師の技術にもよります。
やはり技術が高い方が腫れませんのでまず信頼できる医師に相談しましょう。
信頼できるかどうかの基準ですがカウンセリングの時に偉そうな態度を取る人はあまりいいことはありません、このような人は自分の意見を押し付ける傾向があります。
また麻酔についてきちんと説明してくれたり二重のシミュレーションをしてくれるクリニックを選ぶのもポイントです。
後になってからイメージ通りではなかったということを防ぐためです。

医師の実績も

そして医師の実績を見てみましょう。
クリニックそのものが新しくても医師は過去に勤務医をしておりかなりの実績のある人の可能性があります。

埋没法の二重手術はプチ整形の一種ですが顔を変えてしまう手術ですので医師選びは慎重になってしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る