二重まぶたのプチ整形の口コミについて

二重まぶたのプチ整形の口コミ

目の印象

美容整形の技術は日々進歩しており、最近ではメスを使用しない「プチ整形」と呼ばれる方法が続々登場しています。とくに非常に短時間の手術で二重まぶたになることができる「埋没法」は、リーズナブルな二重整形として大きな注目を集めています。

埋没法は短時間と低価格な費用で叶えることができる

「あともう少し目が大きかったら」「一度二重になってみたい」そんな悩みや願いを、短時間と低価格な費用で叶えることができる、それが埋没法です。
埋没法の具体的な手術内容は、瞼の裏から二箇所を縫い止めるというとてもシンプルなものです。
体にとって負担となるような皮膚切開が行われませんから、非常に安全性が高い方法だといえるでしょう。
もっとも手軽な二重整形であり、実際に手術を受けたことがある方も大勢居ます。
そのため、実際に体験した人の口コミも、インターネット上などで多数見つかる傾向です。
実際に埋没法によって二重になった人の感想では、満足しているといった声が全体として多い印象です。

アイプチは負担がかかる

これまでアイプチなどを使用していたが、目の上の皮膚に負担がかかるため、整形を受けたという方も多いようでした。
アイプチは簡単に二重を作ることができる便利なアイテムですが、長期間使用し続けるとまぶたの皮膚が伸びてしまう可能性もあります。
一度伸びきってしまった皮膚を、元に戻す有効な方法は存在しないともいわれているため、長期使用には注意が必要です。
まぶたの皮膚はもともとデリケートですから、炎症などを引き起こす可能性もあり、アイプチに頼りすぎるのも良くないといえます。
こうしたことから、アイプチを卒業し、埋没法の手術を受けるという方が、多くなっているのかもしれません。

埋没法は効果の持続性には個人差が大きい

全体として高評価を受けている埋没法ですが、効果の持続性には個人差が大きいようです。
手術後10年以上二重が保ったという人もいれば、5年程度で幅が狭くなったという人もいました。
まぶたの上の脂肪の量などにより、どのぐらいの期間効果が続くかが、変わるのだと考えられます。
10年保たなかった人でも、その効果には満足している事が多く、再度同じクリニックで手術をした、という体験談なども多く見られました。
埋没法は費用もリーズナブルなため、いずれ効果がなくなることを織り込みずみで、手術を受けている方が多いようです。
術後の腫れについても、人によってその期間はだいぶ異なっており、1周間かかる人もいれば、3~4日で腫れがひいた、という人もいます。
しかし皮膚の切開を伴わない手術ですから、それほど長期にわたり腫れが続いた、という人はいないようです。
基本的には1~2週間程度で腫れがひき、あとも残らないというのが一般的でした。

ナチュラルで違和感がない

ただその後、綺麗な二重の状態となるまでには、もうしばらく時間がかかることが多いようです。
手術の痛みについては、ほとんどの方がさほど気にならなかったようで、あまり話題となっていませんでした。
手術時間がとても短いため、しばらく我慢すればすぐに終わる、という感じなのかもしれません。
麻酔も適時行われますし、大体10分程度で終了するため、痛みについてはあまり印象に残らないのでしょう。
仕上がりについては、「ナチュラルで違和感がない」という声が多くありました。

埋没法は失敗が少なく、やり直しもしやすい

切開法とは異なり、もとの目の形を大きく変えるものではないため、ごく自然な仕上がりが可能なのでしょう。
多くの口コミがありますが、トラブルなども起きにくく、非常にスムーズに手術を終えた方が多いようでした。
糸で縫い止めるだけ、という簡単な処置ですから、失敗が少なく、やり直しもしやすいというメリットがあります。
二重の整形を受けたいがトラブルが心配、という方にも受けやすい手術だといえそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る