二重の整形手術が効果的なまぶたのタルミ取り手術

二重の整形手術が効果的なまぶたのタルミ取り手術とは

まぶたのタルミを取る手術

二重手術をする場合、有名な埋没法や切開法の他に、まぶたのタルミを取る手術も存在します。
まぶたを持ち上げるための筋肉は、加齢などによって徐々に力が衰えて重いまぶたを支えきれなくなり、徐々にたるんで目にかぶさってしまうこともあります。
タルミは見た目的にも美しくないばかりでなく、まぶたを引き上げるための神経を刺激するため体の他の筋肉まで緊張してしまい、肩こりや頭痛を引き起こすことがあります。
このように、まぶたのタルミ取り手術は単に見た目の美しさだけでなく、健康上の問題でも行われることがあります。

その方法は

まぶたのタルミを取る手術としては、大きく分けてたるみ埋没法と上眼瞼形成術、眉下切開術などが挙げられます。
埋没法はその名の通り皮膚を切ることなく、まぶた裏側から専用の糸を通して何ヶ所かを留めることで二重を作り、たるみの改善を行う方法です。
たるみのない一般的なまぶたの人も、二重を作るための手術として行うことが多いです。
埋没法のメリットとしては、身体にメスを入れないため気軽に行えることや、本来ある二重ラインに沿って行うため傷跡が目立ちいにくいという点が挙げられます。
ただ、まぶたの皮膚は眉毛側が厚く、下に行くほど薄くなっているために、二重の幅を広く取ると整形したと分かりやすい不自然な二重になってしまうことがあります。
タルミ取りを目的として行う場合、余った皮膚を本来の二重ラインの下に強引に押し込むことになるため、このように不自然な仕上がりになってしまうケースも増えてしまうので注意しておきましょう。

上眼瞼形成術は

上眼瞼形成術は一般的にアイリフトとも呼ばれ、まつ毛に近い下側のまぶたの皮膚を切除する方法になります。
この手術は、まつ毛側に近い部分で皮膚の切除を行うため、傷跡も目立ちません。
まぶたの皮膚がたるむのは単に加齢によるものだけでなく、眼瞼下垂という一種の病気の場合もあるので、この手術によってタルミ取りと眼瞼下垂の治療手術が同時に行えるのもメリットとなります。
デメリットとしては、埋没法と同じく薄い皮膚の部分に施術を行うので、場合によっては形や幅が独特で不自然な仕上がりになってしまうことが挙げられます。
また、薄い部分の皮膚を厚い部分に入れ込んでいるため、どれだけ時間が経過しても腫れぼったく見えてしまうこともあります。
さらに、まぶたの部分のタルミをすっかり切除してしまうと、かえって目尻のタルミが目立ってしまうこともあります。

眉下切開術

眉下切開術は眉下リフトという名で知られており、眉毛に近い部分のたるんだ皮膚を切除する方法になります。
皮膚の厚い部分を切除するので、引き攣れなどの不自然さがなくなり、幅や形も自然に近い仕上がりが可能となります。
ただ、この方法だとくっきりとした二重に出来ないことも多いので、二重を目的にしている場合は別途二重手術を受けた方が確実です。
また、眉毛に近い部分を切開するため、傷跡が目立ってしまうこともあります。
このため、眉下リフトはいかに傷跡を目立たなく完了させるかが重要で、医師の腕が仕上がりに非常に影響を与えます。
もしこの手術を希望する場合は、評判の良い医師がいるクリニックや医療機関をしっかり調べて選ぶようにしましょう。

カウンセリングを

このように、まぶたのタルミ取り手術には様々な方法があります。
それぞれメリットやデメリットがあり、個人ごとにどの方法を行うのが適しているかも異なります。
大切なのは、しっかり担当医とカウンセリングを行い、それらを理解した上で手術を受けることです。
後々医師やクリニックとトラブルになることが無いよう、不安な点やよくわからない点は事前に納得がいくまで確認しておくようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る