二重の整形の種類のくぼみ目・涙袋形成

二重の整形の種類のくぼみ目・涙袋形成について

目元の美容整形

目元の美容整形といえば、二重手術をイメージする方が多いでしょう。

確かに美容外科では、二重のラインを作る美容整形が特に人気です。

特に腫れない埋没法という、プチ整形はメスを一切使用しないという事もあり、人気の高い二重手術となっています。

ただ、埋没法を受ける際、他に目元の美容整形を受ける方も少なくありません。

二重を作るだけでなく他にも手を加える事で、より理想の目元に近づける為です。

くぼみ目・涙袋形成

埋没法と一緒に受けるケースが多い、美容整形にはくぼみ目・涙袋形成が挙げられます。

この美容整形は名前の通り、くぼみ目を解消する効果や、涙袋を形成する効果が得られるのが特徴です。

くぼみ目は年齢を重ねる事で、起こりやすい症状です。

加齢によってまぶたがたるみ、目が落ちくぼんでしまいます。

くぼみ目になってしまうと、一気に疲れた印象や老けた印象を与えてしまう為、気になる方が多い症状です。

ヒアルロン酸注入法

このくぼみ目改善の美容整形として、おすすめなのがヒアルロン酸注入法です。

ヒアルロン酸注入法は注射器で、くぼんでしまった部分にヒアルロン酸を注入する施術を行います。

弾力性のあるヒアルロン酸を、くぼみ目部分に注入する事によって、目元にハリが出て若々しさを取り戻す事が可能です。

年齢を重ねるとくぼみ目になりやすいだけでなく、まぶたがたるむ事で元々二重まぶた方だった方でも、奥二重になってしまうケースも少なくありません。

そこで、二重手術とくぼみ目整形を一緒に受ける事で、より若々しい目元となります。

ヒアルロン酸注入法はメスで皮膚を切開・縫合する施術を行わない為、施術後の腫れや痛みが少なく手軽に受けられる点が魅力です。

くぼみ目改善同様、二重手術の際に一緒に行う方が多い涙袋形成も、ヒアルロン酸注入法で行えます。

涙袋とは目の下にできる膨らみの事で、別名「ホルモンタンク」とも言われています。

涙袋があると目が大きく見えるだけでなく、顔全体が可愛らしい印象となったり、表情が豊かになる点が特徴です。

実際、涙袋はアイドルの必須パーツと言われている程です。

涙袋は二重まぶたと同じくらい、美人の条件の1つとされているのです。

涙袋は目が大きい方だと、自然と出来やすいのですが目が小さい一重まぶたや奥二重の方だと、生まれつきに涙袋を持っているケースは少ないようです。

ですので、二重整形を受ける時、一緒に涙袋形成を受けて、より目の印象を華やかにする方が増えています。

涙袋もヒアルロン酸注入法によって作る事が可能です。

目の下部分に注射器によって、ヒアルロン酸を注入し涙袋を形成します。

手軽に憧れの涙袋を手に入れられるとして、若い女性に人気の美容整形です。

施術後、腫れや痛みといったダウンタイムが少ない為、土曜日や日曜日といった休日に施術を行い、月曜日に登校・出社できる手軽さも人気の秘密となっています。

もし、施術後に腫れや痛みを強く感じた場合は、アイスパックや冷たく冷やしたタオルでケアすると、多少症状は和らぎます。

施術後、お風呂やシャワーアイメイク以外のメイクが可能です。

注意点は

ただ、施術後に内出血を起こすケースがあります。

注射をした際、腕に内出血が起こるケースがありますが、この症状は目元で起こるのです。

内出血が起こってしまった場合は、できるだけお風呂やシャワーは避けましょう。

体を温める行為を行ってしまうと、余計に内出血が酷くなってしまいます。

内出血といってもメイクでカバーする事もできますし、2週間ほどで自然と消えて行くので心配ありません。

費用も約10万円前後と、美容整形としてはリーズナブルです。

目元のコンプレックスを解消したいという方は、二重手術とくぼみ目・涙袋形成を検討してみてはいかがでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る