これだけは知っておきたい美容整形『二重整形と施術方法の種類』

知っておきたい美容整形『二重整形と施術方法の種類』

一重まぶたの悩みを解消したい

一重まぶたに悩む人は少なくありません。

その為、テープやのりで二重まぶたを作ったりする人もいますが、テープやのりを使って二重を作ると、それだけまぶたに負担をかけてしまう事になり、将来的にまぶたのたるみの原因となってしまう事が少なくありません。

更に、アイメイクでまぶたの悩みを解消しようとする人もいますが、アイメイクのやり過ぎは、印象を下げてしまう事にも繋がります。

そんな一重まぶたの悩みを解消したいと考えた場合、美容整形の施術を受ける事が有効です。

二重整形には、いくつかの種類が

目を二重にする二重整形には、いくつかの種類があります。

その為、整形を受けたいと考えたら、まずは最適な方法を選ぶ事が大切です。

手軽に短時間で二重まぶたを手に入れたいと考えた場合に有効な方法が、埋没法です。

埋没法は、まぶたを糸でとめて行う施術で、メスを使わなくて良いだけでなく、ダウンタイムも比較的短い事でも人気となっています。

更に施術の料金も両目合わせて10万円以下となっている事が多く、気軽に施術を受けられるようになっています。

プチ整形といえば、埋没法

まぶたを二重にするプチ整形といえば、この埋没法になります。

ただ、この施術は、半永久的に効果が続くものではありません。

技術が高い医者が施術を行えば、数年以上良い状態が続く事になりますが、医者の技術によっては数ヶ月等、短期間で元に戻る可能性があります。

1年間等、保証期間があるクリニックが殆どですが、何度も施術を繰り返すという事は、それだけまぶたに負担をかけてしまう原因にもなります。

それを考えると、何度も施術を繰り返すよりも、最初から元に戻りにくい施術が可能なクリニックや医者を選ぶようにしておく事がお勧めです。

ただ、糸がはずれれば元に戻るという状態は、二重まぶたにした後に元の顔に戻したいと考えた時に、手軽に戻せるというメリットがあります。

切開法は

それに対して、一度施術を受けると、その後、その効果が半永久的に続く施術が切開法です。

切開法はメスでまぶたを切り開いていく事になります。

その為、埋没法に比べると、施術には少し時間がかかる事になる上、施術後のダウンタイムも長くなります。

ただ、切り開いた部分からまぶたの不要な脂肪を取り除く事が出来ます。

まぶたを二重にしても、まぶたに多くの脂肪がついたままの状態であれば、腫れぼったい印象になってしまう事になります。

切開法の場合、まぶたの上の脂肪までしっかりと取り除く事が出来る為、綺麗な二重のラインのまぶたにすると同時に、すっきりと綺麗な印象の目元に変えていく事が出来ます。

部分切開と全切開

そんな切開法には、部分切開と全切開があります。

部分切開と全切開の違いは、切り開く時の大きさです。

部分切開は大きくて2cm程度、全切開は3cm以上、切り開く事になります。

大きく切り開く方が綺麗なまぶたに変わる、良い状態が長く続くと考える人は少なくありませんが、切り開く大きさで変わってくるのは、取り除ける脂肪の量です。

ですから、まぶたの上にある脂肪の量に合わせて、部分切開か全切開かを選んでいく事になります。

部分切開でも全切開でも料金等はそれ程変わらないという事が殆どですが、全切開のほうが施術時間がやや長くなる上、施術後のダウンタイムも長くなる事になります。

ですから、カウンセリングの際に、部分切開を勧められたら、そのまま部分切開を選ぶ事がお勧めです。

埋没法は元に戻す事も可能ですが、切開法は元と同じまぶたに戻す事は出来ません。

ですから、よく考えて施術方法を選ぶという事が重要になってきます。

まぶたを二重にする美容整形には、埋没法や切開法があり、切開法には部分切開と全切開という方法があります。

それぞれメリットやデメリットを考えて、施術を選ぶ事が大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る